教材研究♪

ピアノの先生にとって

大事なことのひとつ、

『教材研究』

 

 

これは、教え始めてからずっと続いています。

新しい教材も毎年出てくるので、

この仕事をしている限りは

ずっと続く研究テーマでしょう。

 

今年、私がとくに研究しているのが、

『バスティンシリーズ』です。

 

 

 

最近は、新しく出た、

『オールインワンシリーズ』も人気です。

 

 

アメリカの教材で、

楽譜もかなりの種類があります。

 

教本として使っている生徒さん、

レパートリーとしてイベントで弾いたり、

ワークのみ使っていたりと様々ですが、

とてもいい教材だと思います。

 

読譜だけでなく、

楽典、ソルフェージュもバランス良く導入から学べます。

移調や伴奏付も自然にできるようになります。

 

でも、生徒さんをそうさせるには、

指導力が重要!!

 

というわけで、月1回セミナーを受けております。

2時間ノンストップなので、

殴り書き状態…ノートとるの苦手ですcrying

がんばります!

 

 

 

このテーマは、ブログコメントに対応していません。
ファイル名の末尾に「_xxx」等を付けて無効化すると、baserCMSの基本のコメントフォームを呼び出すことができます。